収納を極めれば快適な住まいを手に入れることができる!?

収納がとても大切なワケとは

住まいを考える際には、キッチンやお風呂、内装など、検討しなければならないことが数えきれないほど出てきます。収納は、比較的後からでもなんとかなりそうな気がする為、空間だけ確保して、後回しにされていることが多い項目です。しかし、無駄な空間が生まれてしまうような収納や、使い勝手が悪い収納をつくってしまうと、きっちり収納しにくくなってしまい、住空間に物が出てきてしまうようになります。そうなることで、部屋の中がごちゃついてきて、散らかった印象になってしまいます。つまり、収納をきちんと考えておくことで、快適な住まいが手に入るというわけです。

収納の内容を考えてみよう

よかれと思ってただ奥行きの深い収納をつくってしまうと、かえって使い勝手が悪くなってしまうこともあります。間取り図面を目の前に広げて、それぞれの空間に何を収納していくのか、具体的に考えていくようにしましょう。そうすることで、おのずと必要な空間寸法がわかるようになってきます。無駄に深い収納を適正な寸法の収納に変更していくことで、住居空間を広くとることもできます。また、これを考えることで、必要な棚の枚数なども事前にわかるようになってきます。

便利なアイテムを使おう

細かいものを収納する場合には、可動棚を取り入れておくととても便利です。通常、収納では中段と枕棚の二段、クローゼットではパイプと枕棚が設置されるケースが多いのですが、それだと、特にリビングまわりなど、場所や用途によっては無駄な空間をつくり出してしまい、使いにくいこともあります。可動棚では、それぞれ必要な寸法に合わせて棚の位置を決めることができ、後からでも棚板を追加することができます。

大阪の注文住宅の魅力を確かめるなら、住宅展示場へ足を運び、外観や住み心地に触れてみる作業が見過せません。子ども向けの楽しいイベントなど、家族全員で楽しみながらイメージを明確にできる環境が整っています。

You may also like...