注文住宅を建てる際の住宅ローンの組み方とは

変動金利か固定金利か

注文住宅は高額な買い物だけに、ほとんどの施主は住宅ローンを組むのが一般的です。住宅ローンには、大きく分けると変動金利型と固定金利型の商品があるのですが、どちらを選ぶかで将来の総返済額が大きく変わってくる可能性があるため、慎重に検討することが必要です。変動金利は固定金利に比べて金利が低く設定されている反面、将来的に金利が高騰するリスクがあるのに対し、固定金利は逆に金利が高めである代わりに、完済するまで金利は一定に保たれます。そのため、多少金利が上がっても当面の間の月々の返済額を抑えたいのか、月々の返済額が多くなっても総返済額を固定したいかで、どちらを選ぶべきかは変わってきます。必ずしもどちらが正解という訳ではありませんが、自分にとってどちらがより魅力的であるかを考えたうえで、選ぶようにするとよいでしょう。

住宅ローン契約の流れ

住宅ローンを組むためには、まず最初に審査に通る必要があります。審査においては、過去の借入履歴や滞納の有無、現在の収入額や勤務先の安定性などが総合的に考慮されます。そのため、すでに多額の借り入れを行っていたり、過去に借金返済を滞納したことがある場合には、審査に通らない可能性があるという点を理解しておくようにしましょう。金融機関によっては、正式な審査の前に事前審査を受けることができるところもあるため、心配であればいくつか受けておくとよいでしょう。審査に通れば、正式に借入金額と借入年数、金利プランを決めて金銭消費貸借契約を締結することになります。借り入れ後に滞納すると、優遇金利の適用が受けられなくなることがあるため、契約したからといって安心することなく、返済に励むことが重要です。

福岡の注文住宅は大手ビルダーだけでなく、地元の気候や風土を熟知した地域密着スタイルの工務店も要注目です。個性的なアイデアが活かされた健康住宅など、独自のメリットに富んだ住宅の建築で実績を誇っています。

You may also like...