理想の家を建てたい!そんな方にピッタリの注文住宅という選択肢

フルオーダーとセミオーダー

注文住宅は、概ね二つの種類の分類することができます。それが、それぞれフルオーダー住宅とセミオーダー住宅であり、前者が住宅を建築するにあたって、文字通り全ての項目に対して施工主自身の理想を反映することが可能であるのに対して、後者はある程度決められた仕様に関して、パズルを組み立てていくように家づくりを行う方法となっています。

自由度と予算を考慮しよう

フルオーダーとセミオーダーには、それぞれ一長一短のメリットデメリットがあります。中でも理想の家づくりを実現する上で無視することができない、「自由度」と「予算」を考慮する場合、圧倒的な自由度の高さを誇るのがフルオーダーのメリットであり、ある程度予算を抑えることが可能で、コストパフォーマンスに優れた選択になっているのがセミオーダーのメリットであることは、最低限おさえておきたいポイントになっています。

素材ひとつにまでこだわるなら

「家は一生の買い物」とはよく言われることですが、そんな一生の買い物だからこそ、外観や間取り、住宅設備はもちろんのこと、住宅を構成する素材の一つひとつにまでこだわり抜いた住宅を建てたいと考えているのなら、迷わずフルオーダーを選択するといいでしょう。オンリーワンの家を建てるために尽力してもらうことができ、実際に住んでみてから不満が出る心配も、極力なくすことができます。

コスパに優れるセミオーダー

一方のセミオーダー住宅は、間取りやキッチン、浴室などのどうしても譲れないポイントがある際などに、その理想を実現しやすくなっています。こだわりの数だけ予算が膨らみがちなフルオーダーに対して、セミオーダーでは特にこだわりがない部分に関してはダウングレードするといった選択をすることで、予算を抑えやすくなっているのです。

愛知県は、「ものづくり大国」と呼ばれるように製造業の事業者数がNo.1の県になります。活発な経済活動を支えに、愛知の注文住宅着工数は全国No.2の着工数を誇っています。

You may also like...