賃貸物件選びはオール電化住宅にしておけば間違いない理由とは

オール電化なら基本料金の2重払いが無い

オール電化の賃貸物件へ一度住むと、誰もが次も同じくオール電化物件が良いと考えます。なぜなら、今まで電気とガスを別々に支払いしていた状況下では、基本料金を電気とガス両方共独立して支払う必要があったために2重払いを実質的に行っていることになるからです。電気は必須のインフラですが、ガスは直火を扱うために点検維持にコストが掛かりやすく基本料金も高くなります。オール電化ならば基本料金は電気1つで済むだけでなく、従量料金が極めて安い深夜電力を使えるというメリットがあります。電気とガスの単価が似た水準であったとしても、基本料金を1つだけ支払えば良い点は節約を考えている多くの世帯が納得する部分と考えられます。

オーナーが選んだ上質な設備を利用できる

オール電化で統一した賃貸物件は、オーナーが自らオール電化仕様にしているので上質な設備で統一しようという考え方をしていることが分かります。子供から年配者まで全ての世代に対して直接火を使わない設備を用意するためには、ガス機器よりもランクが高い設備が必要です。分譲賃貸の多くがオール電化という点からも分かるように、分譲住宅に匹敵するグレードが高い設備を揃えている賃貸物件が多くなっています。賃貸情報はインターネット検索出来るようになっているので、オール電化に限定して検索すれば分かるように、ある程度の家賃以上でなければオール電化とすることが難しいと分かります。他の断熱性能や気密性能に至るまで品質に拘った部屋と考えられるオール電化物件は、オーナーの考え方が反映されている部屋です。

千歳の賃貸とは、料金を取って他人に物を貸すことです。不動産業界で賃貸といえば、一戸建て、アパート、マンション、事務所、駐車場などの種類があります。

You may also like...